ホーム>地域情報>喜連川の寺
地域情報
喜連川の寺
龍光寺 慶長6年(1601)に足利頼氏、又、当町を代表する絶世の美女島姫(嶋子)等の父頼純を埋葬して以来、代々喜連川足利氏の菩提寺となっています。龍光寺境内には石塔54基のほか、石灯籠忠臣節婦の石碑5基が整然と並んで立っています。
龍光寺(足利家歴代墓所)


薬師堂 薬師堂 薬師堂
薬師堂
薬師山の中腹に建つ寺で、300年以上昔のお堂。堂内の薬師仏は日光・月光菩薩を脇侍として薬師三尊とし、脊属には護法神の十二神将をまつっており、境内にあるお堂には、風神、雷神の仁王像が安置されています。


l光院 恵心僧都の開基とされており、初代喜連川公国朝は、ここに葬っています。国朝の母、法名をl光院といい、これよりl光院と呼ばれております。l光院境内には、県の重要文化財に指定されている銅造阿弥陀如来座像があり、足利昭氏公が姉と甥の菩提のために建てられたものといわれています。
 また、禅宗の寺ゆえにダルマと縁があり、先代住職は石物ダルマを制作。その数は、千体有余にのぼります。
l光院
戻る
喜連川商工会 栃木県さくら市喜連川4145-16
TEL028-686-2122 FAX028-686-2467