ホーム>地域情報>寒竹囲いの家・御用堀
地域情報
寒竹囲いの家・御用堀
寒竹囲いの家 道路越しによく見かけた寒竹(かんちく)の垣根も近頃では、あまり見ることができなくなりました。この寒竹囲いは、6代城主茂氏公が、藩士の経済生活の方針として奨励したといわれています。
寒竹囲いの家


御用堀 10代煕氏公が町中の用水の便をはかるために、用水堀(御用堀)を開削したもので、現在は多数の鯉が泳いでいます。

御用堀
御用堀
戻る
喜連川商工会 栃木県さくら市喜連川4145-16
TEL028-686-2122 FAX028-686-2467